家創りのこと

敷居を踏まないでほしい理由

家の中には、敷居がいっぱいあります。

引き戸のものは全て敷居

昔から、敷居 畳の縁は踏んだらダメと言われてきています。

その理由は
【家や家人の象徴として重んじる】
「敷居をまたぐ」「敷居が高い」というように、
敷居はその家の象徴なので、それを踏むことは家や家人を踏みつけることと同じと考えます。

【家を大切にする】
敷居を踏むと磨り減ってしまいますし、
家の建てつけが歪むこともあります。(高級品ほどデリケートな素材です)
その家を大切にする気持ちです。

もっと小さなお子さんに説明するときは、
大工さんは、頭を床に擦り付けて、
一生懸命作ってます。とお伝えください。

心をこめて
いろんな人の手でつくられています。
大事にしてね~

関連記事

  1. 家創りのこと

    フィトンチッド

    おはようございます。、藤笑です。今日は、今のお家から 新し…

  2. 家創りのこと

    家も歳をとる

    メンテナンス35年してないと直すところは増えちゃいます。息子の…

  3. 家創りのこと

    自然とどう付き合う?

    最近は、事務処理 打ち合わせ 室内にこもっています。なので、若干 …

  4. リフォーム

    片づけてもリバウンドしてしまうのはなぜ?

    今年は、まだ 涼しくて 熱中症なりかけみたいなのがなく夏のこな…

  5. 設計 施工 色彩 お片付け

    ある日の 旦那さんと旦那さんの友達の会話友達 「奥さんは、何を…

  6. 家創りのこと

    やっちまった私!

    小口の見せ方大工さんが、入ってくれないので自分の事務所を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 色の秘密

    パーソナルカラーと(カラーセラピー体験又はスペクトルカラー体験)
  2. ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    座敷わらしのいてる家
  3. 初めて読んでくださる方へ

    なぜ、パーソナルカラー診断の結果が違う?
  4. ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    明けましておめでとうございます。
  5. 色の秘密

    勉強がはかどる色って何色?
PAGE TOP