家創りのこと

屋根のリフォーム

メンテナンスのタイミング

今日は、あったかかった です。
若い職人さんは、汗をかいてたらしい
若いって 若いって すごいと思う藤笑です。

スレート瓦をそのまま、35年メンテナンス無しで頑張ってきた瓦・・・
スレート瓦とは セメント瓦です。
日本瓦とはちがいます。
塗装のメンテナンスを10年~15年の間に一度おすすめします。
建築するときは、必ず確認してくださいね。

ただ、スレート瓦は、日本瓦より
デザイン・色が多く、軽いです。しかも値段も日本瓦よりお求めやすい
という、メリットがあります。

で、スレート瓦のメンテナンスのタイミングなのですが、

ということで、スレート瓦ののチェック
1 雨漏りが発生、天井にシミができた
2 色あせ・色むらが出ている
3 塗料がはげてしまっている
4 カビやコケが発生している
5 スレート屋根にひび割れが発生している
6 スレート屋根がずれている
7 スレート屋根を止めている釘にさびている、抜けている、ゆるみがある

症状が出ていればメンテナンスのタイミングです。

スレート瓦をそのまま、35年メンテナンス無しで頑張ってきた瓦・・・
項目によるメンテナンス方法

1の場合 (塗装・葺き替え・重ね葺き)
雨漏りが起こっている可能性があり、天井裏の状況などを確認する必要があります。
雨漏りをほっておくと、シロアリの餌食です。
瓦だけのメンテナンスでは終わらなくなります。

2~4の場合 (塗装)
適度なタイミングで塗装を行うことで、スレート屋根材の寿命が長くなります。

5・6の場合 (葺き替え・重ね葺き)
スレート屋根材自体が痛んでいる可能性が高いです。
塗装だけでは難しいです。

7の場合 (部分的な修繕)
一部釘が抜けた程度であれば大きな修繕工事は必要ないです。

今回は、瓦を撤去
屋根をガルバリウム鋼板に変更します。

みなさん
大がかりな工事になる前に、メンテナンスを自分のお財布のためにもしてあげてくださいね。

ここはまだ、下屋の部分なので、まだ、ええ感じなのですが、
2階の屋根はがんばりすぎて・・・


2階の屋根、痛そうです。


今日は、屋根の上をお掃除までして終わり

明日、新しい合板をはり、ルーフィングをひきます。
その上にガルバリウム鋼板の屋根を施工していきます。

35年、めちゃくちゃ頑張りはって、瓦も家もほっとしているはず(笑)

関連記事

  1. リフォーム

    耐震診断

    おはようございます。藤笑です。耐震診断の耐震診断士としてのお仕…

  2. 家創りのこと

    洗面台の進化

    洗面台の進化2017年も後わずか今年初めのおみくじで他人と…

  3. スペクトルカラー

    パーソナルカラー追伸

    パーソナルカラー 片付け のお問い合わせありがとうございます。…

  4. 新築 

    お家と色

    こんにちは藤笑です。お家の設計やお家の仕上げ材のお話もさせてい…

  5. パーソナルカラー

    どうして建築の仕事をしてるのにパーソナルカラーなの?

    直チョク聞かれます。「どうして 建築の仕事してるのにパーソナル…

  6. 初めて読んでくださる方へ

    家が欲しいとおもったら

    家が欲しいとおもったら、最近はほとんどの方が、住宅展示場やモデルハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 新築 

    幸せのバロメーター
  2. 家創りのこと

    少ない事はより豊かLess is more
  3. SDGs

    地球の滅亡に手をかしてませんか?
  4. 片付け

    クローゼットの片付け編
  5. 徳島新聞カルチャーセンター

    バリアフリーにする前に!!
PAGE TOP